中高年に人気のサプリタマゴサミン!アレルギーは大丈夫なの?

中高年世代になると、徐々に体の機能が衰えてきます。

 

多くの人が、様々な悩みを抱えていますが、特に多いのが関節の痛みです。

関節が痛いと、人によっては日常生活に支障が出る人もいます。

 

日本では、膝の痛みを感じている人が非常に多く、病院で治療を受けている人も少なくありません。

 

需要が多いため、関節をサポートする様々なサプリメントが人気を集めています。

 

ここ数年で、口コミサイトでも人気が高まっているサプリメントが、タマゴサミンなのです。

 

関節の痛みの多くは、軟骨がすり減ることで起きます

 

ですから、クッションの材料となる成分を補うことが大切です。

タマゴサミンには、ヒアルロン酸というクッション成分をサポートする独自成分のiHAに加えて、グルコサミンや濃縮コンドロイチン、コラーゲンが配合されています。

 

グルコサミンとコンドロイチンは、両方とも関節軟骨に含まれている成分として有名です。

 

軟骨は、骨と骨の間で衝撃を吸収したり、摩擦などから骨を守る役目を担っています。

 

軟骨の強さの元になるのが、弾力性と保水力があるコンドロイチンなのです。

 

グルコサミンは、関節を補強する成分です。

 

グルコサミンとコンドロイチンは、軟骨の成分であっても働きに違いがあります。

 

ですから、関節痛を緩和するためには、一緒に摂取するのが良いと考えられています。

 

コンドロイチンは、変形性関節症に使われることが多いのですが、痛みの緩和や可動性の向上のためにグルコサミンと組み合わせて摂取している人が少なくありません。

 

タマゴサミンの独自成分iHAは、タマゴの卵黄からバイオ技術で抽出した新成分です。

 

生命に必要な栄養や機能が備わっており、年齢が上がるにつれて減ってしまうヒアルロン酸をサポートします。

 

グルコサミン系のサプリメントは、数多くありますが、1日の摂取量が多いサプリメントが少なくありません。

 

タマゴサミンは、独自の研究により濃縮成分を使っています。

 

そのため、1日たった3粒飲むだけで良いのです。